岡山県 鏡野町 河内不動滝

◆ 滝の説明
河内不動滝は、滝は全部で三段、上から約15mの直瀑の大滝、約7mの中滝、約7mの小滝と呼ばれる滝で構成されています。3本まとめて見上げることは出来ませんが、小滝から中滝は辛うじて見ることができます。
水量が多ければ見ごたえありますが、少ない時には苔が見所となります。厳冬期には凍りつくこともありますが、タイミングが難しいです。


◆ 備 考
この滝の周りは結構滑りやすいのでちょっとだけ注意が必要です。

河内不動滝

2013.5.17
水量十分の不動滝 2013.6.27
2014.1.23

 

河内不動滝へのアクセス

国道179線を津山から北上すると苫田ダム湖半に「みずの郷奥津湖」という道の駅があります。ここを越えた先の橋を渡るとすぐ右(東)に曲がります。約1.5kmで広い駐車場のある地蔵堂があり、片隅には不動滝の案内看板があります。

ここから徒歩、滝見道を歩くこと約15〜20分で本滝に到着できます。
下流の小滝に行くには、滝見道の途中にある「あと100m」という看板がある辺りから沢に入ってチャプチャプ歩いていくのがいいでしょう。ほとんど問題なく滝の前に出ることが出来ます。

鏡野町(奥津町)の滝マップ

2013.05.17 駐車場はかなり広いです。
2013.05.17 駐車場にある案内板。滝までは500mです。
2013.05.17 本滝まであと100m、この手前を左の沢に入って少し進むと、下の小滝に行けます。
2014.01.23 滝見道は、雪の日でも問題なく歩けるような道です。

- Copyright (C) 2005-2017 cantam All Rights Reserved. -