岡山県 新見市 猿滝

◆ 滝の説明
猿滝は神郷町三室地区の宮ノ谷川の支流に架かる滝で、落差10mの美しい滝です。下流には落差6m、二段の滝もあります。


◆ 備 考

猿滝

2017.4.23

 

猿滝へのアクセス

三室川ダム沿いの県道12号線から県道109号線に入って三室地区へ向かう。新見市営バスの宮の谷口の前を左に入って宮ノ谷川沿いの林道を登っていくと、左右に分岐する。右へ行けば源八滝へ行くが、左へはゲートがかかって車は進めない。このゲートの手前に車を停めて、左の林道を歩いていきます。約1.2km、20分で林道の右から二段の滝が落ちている。これが猿滝の下の滝です。ここから沢を150m登っていけば猿滝に到着できる。

新見市(新郷町)の滝マップ

◆ 行動日付:2017年4月23日
林道分岐の周辺に車を停めて、左のゲートを越えて歩いていきます。
林道はこんな感じで続いています。
約15分で目の前に大きな砂防ダムが現れます。これがエビラ谷第一号砂防堤です。スルーします。
砂防ダムから5分くらいで土管が見えてきます。これが猿滝のある谷で、林道の右側に下の滝が見えてきます。
沢を登ります。私はいきなり沢を直登してしまいましたが、左岸に登り口がありました。途中で渡渉して右岸に渡りますが、滝まで5分くらいです。

- Copyright (C) 2005-2017 cantam All Rights Reserved. -