岡山県 真庭市 小滝

◆ 滝の説明
小滝は真庭市(旧勝山町)の後谷川へ、西から流れ込む支流に懸かる滝で、Y字型に合流した地点にある。左俣は落差6mの斜瀑で幅広、落ち口には砂防ダムのようなコンクリート製の建造物がある。右俣は4mの直瀑から屈曲して落ちていて、削られた岩肌は見事です。
左俣滝下からは辛うじて右俣の滝が見えるが、右俣滝下からは左俣は見えない。


◆ 備 考
車道から滝を見下ろしても滝の姿はよく見えない。左俣落ち口の砂防ダムのようなコンクリートの壁が見えるので、これを目印にすればいいだろう。

小滝 左俣

2017.4.4

小滝 右俣

2017.4.4

 

小滝へのアクセス

姫新線富原駅の北の若代から東の後谷へ向かう。峠を越えて100mほど進むと左に林道がある。小滝はこの下にある。滝下に降りるには急斜面を降りていかなくてはならない。30mのロープでちょうどでした。もう少し下流から降りたほうが降りやすいかも知れません。

真庭市勝山町の滝マップ

2017.4.4 若代から来ると、滝の場所はこんな感じのところ。正面の電柱の真下が左俣の滝。
2017.4.4 車の斜め前の樹林帯を降りた。下から見上げるとこんな感じ。
2017.4.4 滝下から見る下流方向。ロープを使うのなら、右側の法面のほうが少しは降りやすいかも。
2017.4.4 さらに下流に行くとこんな感じの谷に降りる場所がある。谷の遡行は長くなるが、ロープがなければこちらのほうが安全かも。


2017.4.4 右俣滝下のえぐれた岩肌。

- Copyright (C) 2005-2017 cantam All Rights Reserved. -