剣山・貝殻山 (岡山市・玉野市)

◆ 日 付: 2017年 5月 30日(晴れ)
◆ 標 高 / 標高差: 288m / 285m
◆ 距 離 / 時 間: 8.1km / 4時間3分
◆ 同 行 者 : なし(単独行)

◆ 山の説明
貝殻山は児島半島にある標高288mの山で、瀬戸内海を眺望できます。車で登ることも出来るので、お勧めのドライブコースのひとつでもあります。また比較的手軽にアクセスできるので、トレッキング愛好者が多いようです。
貝殻山は弥生時代の貝塚があったことからつけられた名前で、その貝殻山遺跡は山頂園地になっている。

◆ ルートとタイムチャート(MAP
県道74号線の貝殻山登山口のバス停の南のある駐車場からスタート。貝殻山の案内板を横目にまっすぐ南に向かって長谷池から西野の尾根に取り付き剣山に登る。ここから県道463号線に出て、天目山、貝殻山に行く。帰りは天目山と貝殻山の間にある登山道入り口から長谷池の東の尾根伝いにスタート地点に戻る。

駐車場 (10:30) ⇒ 長谷池 (10:56) ⇒ (11:58) 剣山 (12:10) ⇒ (12:38) 天目山 (12:40) ⇒ (13:03) 貝殻山 (13:28) ⇒ (14:26) 駐車場

◆ 備 考
車で登って見るのとは違った角度からの児島湾〜岡山平野の展望は新鮮だった。30度を越える気温と、腰痛のため八丈岩山まで行くのを断念したが、おかげで眺望のよいルートを歩く事ができた。長谷池の東尾根のルートには良好な展望所が3箇所ほどある。


10:30 準備をして駐車場から出発します。目の前にある「貝殻山」への案内にそむき、用水路沿いに南へ進みます。
10:35 道が明瞭過ぎて、進むべき道が不明瞭です。左の轍ルートを行けば長谷池の天端下へ、右のルートを行けば青谷池を経由して剣山に行けます。ということを帰ってから確認しました。今回は迷ったわけではありませんが、少し遠回りをしてしまいました。
10:42 マップ上の「Goal」のポイント、ここを右に進みます。ちなみに降りてきたのもこの地点(正面石垣の左)でした。
10:52 長谷池の堤体が見えてきました。
10:57 長谷池の天端に上がると、右岸に浮き橋が見えます(奥多摩湖のようです)。これを渡っていってもよいそうなのですが、まずはスタンダードに左岸から尾根筋に取り付くことにしました(「Start」のポイントです)。それは鉄塔の管理道を兼ねているようです。前述の右のルートに行けば、天端の西の鉄塔に出られるようです。
11:25 尾根筋を進むと、天目山(虎口池)に降りる分岐があります。展望所に寄ってみると、児島湾を見下ろす事ができました。剣山を目指してまっすぐ進みます。
11:58 上の分岐のあと、一旦鞍部を経て、さらに天目山への分岐があって、剣山に到着しました。道を間違えたり、写真撮影で寄り道したりで、約90分かかりました。道そのものはさほどきつい道ではありませんので、時短は可能です。
11:58 頂上はこんな感じ、先に道が続いていて駐車ポイントまで戻れます。その道中に絶好の展望所があることを、残念ながら帰宅してから知りました。約10分の休憩ののち、Uターンをして天目山に向かいます。
12:29 県道に合流して、振り返ってみました。車で通っていると獣道としか認識できないような道から出てきました。
21:38 県道沿いにある天目山駐車場のそばから登りはじめて、4分で山頂です。
13:39 頂上はこんな感じ、初めて来ましたが瀬戸内海の眺望はよいです。残念ながらカメラが貧弱なのでまともに写せません。西から登って東に降ります。
12:55 天目山を降りて車道を少し歩くと、貝殻山の大きな駐車場に到着しました。
12:57 階段を登って頂上へ向かいます、学生のころ、この階段を登ろうとしているジープを見た事があります。頂上はまっ平で公園になっているので、どこが頂上かはよく分りません。
13:03 頂上園地です(この園地は、名前の由来にもなった貝塚があった「貝殻山遺跡」です)。かなり広くて開放感はありますが、眺望はいまひとつです。
13:28 ぐるっと回って階段のそばに出てきました。駐車場には立派なトイレがあります。

ここから先、八丈岩山まで行くつもりでしたが、体調と相談して帰途につくことにしました。気温のせいか思いのほかバテ気味でした。
13:35 少し戻って尾根伝いのルートで戻ることにしました。入口はこんな感じ、ちょっと怪しい雰囲気。
13:38 この尾根ルートには寄り道できる展望ポイントがいくつかあります。このポイントからは、不安定な岩の向こうに歩いてきた剣山が見えています。
3:39 同じポイントから向きを変えると、天目山とその後方に金甲山が見えています。車に乗っていてはなかなか見えない景色です。
14:03 新岡山港を発着するフェリーです。小豆島フェリーでしょうか。瀬戸大橋もいいですが、たまにはフェリーもいいものです。船上で食べた讃岐うどんはこの上なく美味かった。
14:18 往路での分岐まで戻ってきました。このルートは鉄塔の管理道をかねているようです。
14:25 駐車場が見えるところまで戻ってきました。思いのほか疲れた山歩きでした。

- Copyright (C) 2005-2017 cantam All Rights Reserved. -