若杉天然林 (西粟倉村)

◆ 日 付: 2017年 9月 30日(晴れ)
◆ 標 高 / 標高差: 1128m / 229m
◆ 距 離 / 時 間: 10.3km / 4時間20分
◆ 同 行 者 : なし(単独行)

◆ 山の説明
若杉天然林は西粟倉村から鳥取県若桜町に抜ける古道の岡山県側に広がる自然散策路です。標高1000m辺りの原生林を探勝する事ができます。

若杉天然林の案内  若杉自然林の案内 

◆ ルートとタイムチャート(MAP
駐車場から第三分岐と展望台を経て若杉峠へ。南に下って江波峠から三国平へ、そのまま峰越峠へ下山。あとは約3kmの舗装林道を歩いて駐車場へ。

駐車場 (10:10) ⇒ 第三分岐 (11:10) ⇒ (11:34) 展望台 (11:50) ⇒ 若杉峠 (11:54) ⇒ 三国平 (13:10) ⇒ 峰越峠 (14:00) ⇒ (14:48) 駐車場

◆ 備 考
駐車場は広く、トイレも完備されている。
熊が生息している地域ですから、極力複数人での散策が望ましいです。携帯電話は、大茅スキー場から奥は圏外になります。


10:09 駐車場で出発前のスナップ。
10:09 熊の生息地域なので、単独行動は不安があります。でもこの看板を過ぎるとそれまでの逡巡はウソのように腹が据わります。
10:14 少し歩くと休憩舎と立派な碑があります。
10:16 歩きやすい整備された道です。
10:16 森林浴、日本百選を知らせる大きな案内板。これを過ぎると本格的に散策路になります。
10:21 石畳の道が続きます。西粟倉村と若桜町を繋ぐ古道の痕跡を感じ取る事ができます。
10:24 今度は石の階段、なかなか歩きやすいです。
10:29 出発して20分ほどで第一分岐点の案内板です。安心もしますが、古の雰囲気が瞬殺されてもしまいます。
10:46 休憩用の東屋に到着です。素通りします。
11:06 尾根の第三分岐点に到着です。左に行くと鳥取の芦津、沖の山へ、右に行くと若杉峠へ。
11:34 若杉峠の手前にある展望台に到着しました。木が高くなって展望がよくありませんが、辛うじて「くらます」や「三室山」を見る事ができました。
11:54 展望台から300mで若杉峠に到着しました。ここは四差路になっていて、交通の要衝であることを地蔵様(1754年)が語っていました。以前は生活者を、今は散策者の無事を見守ってくれているようです。
11:54 若杉峠、西粟倉から若桜向きに撮っています。左は芦津、右は峰越峠〜宍粟へ。
12:07 しばらく南に進むと林道に出会います。左に回ると小屋があり、この奥からまた山道になります。しばらくは枝払いされていないうっとうしい道が続きます。
12:36 またまた林道に出会います。ここら辺りから上方が開けてきて、気持ちのよい道になります。
12:45 少し登ると、くらます、氷ノ山が見えてきます。この辺りが一番気分のよいところでした。
12:56 雪が深いことを連想させる立木です。
13:13 ちょっと道をそれて江並峠へ。これをまっすぐ進めば千種に出られるらしいが、途中でそれて三国平へ寄ってみた。
13:18 5分で江並峠まで戻ってきました。ここにもお地蔵様が御座しました。
13:32 江並峠から先は快走路です。上空が比較的開けて、日の光が注ぐブナ林です。
13:59 ブナの大木の中を抜けて、峰越峠の林道に出てきました。
14:01 まっすぐ行くと左手に峰越峠の登山口、右に行けば千種町、そして手前が西粟倉へ。ここから約2kmの下りの舗装道を歩いていきます。
14:31 三叉路に出ました、駐車場は右方向です。ここから駐車場までは約1km、標高差70mの登りです。
14:43 やっと駐車場に到着しました。二段ある下の段です。
14:48 こちらが上の段、辛い舗装道歩きでした。

- Copyright (C) 2005-2017 cantam All Rights Reserved. -