天狗寺山・烏山 (津山市)

◆ 日 付: 2017年 10月 1日(くもり)
◆ 標 高 / 標高差: 832m / 614m
◆ 距 離 / 時 間: 11.3km / 6時間00分
◆ 同 行 者 : なし(単独行)

◆ 山の説明
天狗寺山(てんぐうぎさん)は標高831.5mで、旧津山市の最高峰とされています。 登山口は南の津山市側から、北東の旧加茂村側から、いくつかあります。今回はその最長コースといわれるルートを歩いてきました。

烏ヶ仙城址の案内 

◆ ルートとタイムチャート(MAP
大佐々神社の100m南の広い路肩に駐車して、神社の前を左に進んで入山。尾根道に合流し、烏山の登頂。かじま山の西を迂回して天狗寺山に登頂。西の下茅登山口に下山。舗装林道を南下して登山口まで戻ってきた。

大佐々神社 (9:20) ⇒ 尾根道合流 (10:02) ⇒ (10:12) 寺木山展望所 (10:20) ⇒ (11:31) 烏山 (11:54) ⇒ (12:58) 天狗寺山 (13:29) ⇒ 鬼子母神 (13:33) ⇒ 下茅登山口 (13:57) ⇒ 奥谷登山口 (14:57) ⇒ (15:20) 大佐々神社

◆ 備 考
大佐々神社前からの入山は道迷いしやすいので、もう少し進んで大篠奥谷から入山するほうがよい。2〜3台の駐車スペースもある。
下茅登山口から奥谷登山口までは約4km、奥谷登山口から大佐々神社までは約800m。


9:20 大佐々神社の門構え。車は南100mの広い路肩に置きました。
ここから尾根道の合流まで、道に迷ってブッシュの中を直登してしまいました。
問題はこのBのポイント。まだ尾根に達していないので左にトラバースするべきところを、ここから直登してしまいました。
このルートを開拓された方もいらっしゃるのでしょうが、現状はご覧のとおりの様子です。あえてこちらから登りはじめる必要な無いと思いますので、奥谷の登山口からアプローチするほうがいいでしょう。
10:02 やっと尾根道に合流できました。20分以上のロスをしました。
10:10 倒木がたくさんあって、大丈夫なのかと少々不安になります。
10:12 やっと寺木山展望所に到着しました。手作り感がいいです。5分ほど休憩しました。
11:02 ころりん坂と呼ばれる急登です。一気に標高を100mくらい上げます。トラロープを張ってくれていますが、下り用でしょう。登りでは、特に必要ありません。
ロープがなくなってからは、右にトラバースするのが正解のようです。でもここでも間違えて、踏み跡に釣られてブッシュの中を直登してしまいました。
11:21 急登を登りきると、左前方に天狗寺山が見えてきました。なんだか遠いぞ、大丈夫か。
11:31 城址の烏山に到着しました。ここからは、東の医王山と北のかじま山へのルートがあります。
11:35 右手前が山形仙、左奥が広戸仙(爪が城)。その奥に滝山〜那岐山と続く。
11:53 エネルギーを補給して、天狗寺山に向けて出発します。
12:06 道なりに歩いていくと、鹿避けネットのゲートに出会います。ほかに進む方向がないのでとりあえず出ました。
12:06 ゲートを出ると、四輪車の轍のある林道に出ました。かじま山を右手に見ながら先に進みます。登り口を見落としたのかと一旦戻ってみましたが、それらしい登り口は見つけられませんでした。無理やりよじ登った痕跡はいくつかありましたが、見なかったことにして先に進みました。
12:21 ここは右手です。「迷ったら登れ」、愚息からの助言です。
12:25 林道の行き止まりのようなところに、天狗寺山への案内板がありました。案内に従っていくと、一旦道が不明瞭になります。ピンクテープがあるので、それを頼りに尾根に取り付いて天狗寺山を目指します。
12:45 ころりん坂ほどではないにしても、そこそこの急登が続きます。
12:50 金属製の階段がありました。これを登ると未舗装の林道に出ました。右に行くと加茂町へ、左へ行くと電波塔、その傍が天狗寺山の山頂です。
12:56 電波塔に到着しました。
12:58 天狗寺山の頂上です。南の津山方向の眺望は開けています。
13:28 東方向、あのとんがり山は桜尾山でしょうか。
13:29 南方向、津山の町と、遠くに二上山が見えています。
13:31 帰途に着いてすぐ、鬼子母神への分岐があります。これは本来旧加茂町への下山路のようです。
13:33 鬼子母神には2分で到着しました。撮影だけして、すぐに下茅登山口へ下る道に戻りました。
13:57 下茅登山口へ降りてきました。この峠は、旧加茂町と津山を繋ぐ交通の要衝だったそうです。
ここからスタート地点までは5km弱の舗装道を歩くわけですが、「かも古道」という昔の沢沿いルートもあります。このたびは疲れも感じていたので、無難に林道を歩いて帰りました。
14:25 かも古道の出口がありました。
14:52 段々畑が収穫を終えていました。
14:58 大篠奥谷の登山口と駐車ポイントです。一段上の半鐘のところが登山口です。
15:20 駐車ポイントまで戻ってきました。

- Copyright (C) 2005-2017 cantam All Rights Reserved. -